尿路結石はネコ科の動物の間においては大変多い疾病の1つであり、人間や犬、小鳥類などが罹るものなどよりも、その罹患率の割合が大変高いようです。要するに、この疾病そのものは、腎臓とその他の内臓や膀胱部分と繋がるっている尿道の導管部分内に、尿になれきれなかった排泄物の塊が引っかかって、その部分から尿管内が詰まり、その結果、その排泄物の塊が石化して、尿道そのものや腎臓との付け根部分が詰まったりして、そのために様々な障害が起きるというような症状が出たりします。

とくにネコ科の動物の場合、血尿などを伴いながら排尿をしたりなど、様々な症状をもたらしたりしていくケースや事例などが多く見られたりするような傾向があります。このため、やはりその現時点においての食させているキャットフードの食材や加工成分などの問題があったりするような事なども考えられたりします。

そのためその点をようく考えながら、飼い猫においての尿路結石という疾病の症状の防止に関して、対策などを立てていくような配慮が必要になってきたりします。これについては次の段落においてもある程度詳しく考察をしていきますが、その食べ物であるキャットフードなどについて考えていく判断のやり方が大切です。